2016年11月11日金曜日

熊野古道の旅 13

大門坂~那智大社~那智大滝コース③

いよいよ那智大社を参拝。そして・・
大門坂を登りきると開けた場所に着き、まだ那智大社までは距離があるようですが、この辺りはちょっとした町のようになっていて、お店など並んでいて観光地のようでした。



坂をしばらく登ると、ひと段落。
こちらに書いている文章を抜粋。

『この石畳敷の石段は267段、その距離600m余、両側の杉並木は、132本で他に老楠が並び入り繰りの老杉は「夫婦杉」と呼び、幹周り8.5m余、樹高55余、樹齢約800年程と推定されている。』

600mも登ってきたのかと思うとすごいですね。
夫婦杉樹齢よりも高さ55mというのに驚きました。

ここからなんだか町のようです。

坂を自分で登らずに、那智大社や那智の滝の観光をしたい人は車で上がってくることもでき、観光バスが止まる場所もあります。


朝早いので人気がありませんね。


そしてまた登ります!






ようやく鳥居が見えました。
ながい坂と階段を登ったので喜びもひとしお。
朱色が眩しいです。



そしてまた階段です・・


山のほうはまだ霧がかかっており、見晴らしが良く気持ちいい。

そしてようやく那智大社に着きました。


こんな上に立派な神社があるとは凄いと思います。
八咫烏もいますね。



そしてこちらも世界遺産となっている青岸渡寺(せいがんとじ)。

ここは神社もお寺も一緒にある不思議な場所です。
お寺はやはりお寺の匂いがしますね。


そして、青岸渡寺を過ぎると・・・


ついについにあの光景が!



続く。

2016.10.26撮影



イイネ!はバナーをクリックしていただけると幸いです。
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村

0 件のコメント:

コメントを投稿